【誰でもできます】気分転換におすすめな9つの具体的な方法!

こんにちは!タリン(@rintalog)です!

 

精神的に落ち込んでいるから、気分転換をしたい

いろいろなことに疲れたからサクッと気分転換をしたい

なんだかやる気がでないから、やる気がでるような気分転換をしたい

 

そういった悩みは結構ふだんの日常生活であることだと思います(はい、全部僕の悩みです)

僕は結構感情に行動とかやる気とかが左右される人間なんで、この気分転換をして感情をコントロールするというのはめちゃくちゃ重要なんですよね。
気分転換は感情のコントロールをするということでもあるんです。

正直、人によって気分転換の方法は違うと思います。
必ずマッチするとは限りません。

ですが、多くの人に効果のある気分転換の方法をためしつつ、自分なりの気分転換の方法を持っていると、かなり感情のコントロールはしやすくなると思いますよ。

人間って感情の生き物なんで、どうしても感情に左右されてしまうんです。
疲れていたりしたらやる気がでなくなったり、落ち込んでいたら何も手が付けられないとかそういう感じです。

ですがもしこの感情をコントロールできたら?
疲れていてもリフレッシュをしてやる気がでたり、落ち込んでいても気分転換をして頑張ることができたりと、行動を変化させることができるようになるんです。

これはかなり自分の成長速度を高めることができます。

なのでこの自分の感情をコントロールする方法を知っておくだけで、自分も楽になりますし、人よりも成長するスピードが速くなるんです。

では気分転換をするための具体的な方法をいくつか紹介していこうと思います!

 

散歩

散歩は個人的には1番気分転換の効果が高い方法ですね。

ブログとか勉強とか読書とかをしていると、かなり家にいる時間ってのは長くなるんですよ。
家にいる時間が長いということは、そこまで移動しないということでもあるんですよね。

お腹が減ったらちょっと冷蔵庫に行けば食材があるわけですし。笑

僕は結構インドア派の人間なんで、運動する機会がほんとに減るんです。
ずっと家にいると景色も全く変わらないので、なかなか気分転換できないんですよ。

気分転換において大事なのは、五感を刺激するということだと個人的には思っています。

散歩をすることで得られる情報量ってのは、部屋にいるときよりも圧倒的に多くなります。
これが気分転換に良い効果を生むんですよね。

散歩をしていれば景色もパラパラと変わっていきますし、風や太陽の光などを浴びることができます。
軽い運動にもなるので、多くの筋肉を刺激することができます。

頭をつかうことをした後に気分転換をしたい場合は、散歩などの軽い運動はかなりおすすめですよ。
頭もリフレッシュできますし、筋肉を刺激することができるので、一石二鳥になります。

 

音楽を聴く

なんだか気分が落ち込んでいたりして元気が出ない

やる気をだして頑張りたい

などの感情を一気に変化させたいときにオススメなのが、音楽を聴くということです。

音楽ってたくさんのジャンル・種類があるじゃないですか。
EDMのようなテンションをぶち上げてくれる曲だったり、静か目な心を落ち着かせてくれるような曲もあるわけです。

自分はどんな気分に今なりたいのか?
とまず考えてその悩みに合わせて音楽を選ぶと、すぐに気分を変化させることが可能になります。

僕は気分を変えたいときに流す音楽は、スピーカーでいつもより音量は大きめで流すようにしていますね。
そうしたほうがその世界といいますか、音楽の中に入りこむことができるんです。

音楽に浸ることでかなり気持ちに変化を与えることができます。
即効性が高いのも魅力ですね。

 

寝る・しっかりと睡眠をとる

心身ともに疲れたな

と感じるときにかなり大きな効果を発揮するのが、『良質な睡眠』を取ることです。

重要なのは、『良質な睡眠』ということです。
ただベッドに横たわって寝ればいいというわけではありません。

良質な睡眠を取ることで体が回復するのはもちろん、精神状態も変わることが多いです。

仕事・バイト・サークル・部活・授業
なんかで疲れたな…と感じたら、単純に睡眠時間が足りていない可能性もありますからね。

良質な睡眠+ほかの気分転換の方法をかけあわせるのもいいと思います!

>>良質な睡眠をとるために『副交感神経』と『交感神経』をコントロールしましょう!

 

お風呂・シャワーを浴びる

なんだか頭がパッとしない

体を動かして疲れてしまった

そんなときは、シャワーをサッと浴びたり、お風呂にゆっくりつかるのがおすすめです。

これから勉強・仕事・部活があるのに、なんだか頭がパッとしない…
この場合はシャワーを10分間程度浴びるのが良いです。

体や頭をシャンプー等で洗わず、水をサッと浴びる程度がなおよいと思います。
サッと少しだけシャワーを浴びることで、頭がリラックスしている状態(なんだか頭がパッとしない状態)の副交感神経優位の状態から、活動的なモードである交感神経が働くようになります。

逆に、気分をリラックスさせたいときは暖かいお風呂にゆったりつかるのが良いです。
活動モードである『交感神経』優位の状態から、リラックスモードである『副交感神経』優位の状態に変わるからです。

僕なんかは、眠いけど起きて頑張らないといけないときはサッとシャワーをすませて、ゆっくりリラックスしたいときはお風呂につかるって感じにしてますね。

気分を一気に変えたいときなんかは便利ですよ。
即効性が強いですからね。

時間もそれほどかからないのも良いところです。

★ここでワンポイント★
お風呂上りは全身のストレッチをすることで、より体の疲労を回復させることができます。
リラックス効果も高まりますよ。

 

動画コンテンツを見る

動画コンテンツの代表例としては、

・YouTube
・映画
・テレビ

などがあげれます。

これらの動画コンテンツの1番大きなポイントは、頭をつかわないで楽しめる娯楽ということです。
だって見てればいいだけですからね。笑

動画コンテンツを長時間見るというのは頭をつかう時間が減るということでもあるので、長時間見るのはおすすめしないです。

ですが、わりと頭も体も疲れていたとしても楽しむことができるという点においては、気分転換にはもってこいだと思いますね。
僕はやる気を出したいときなんかには、よくこのビデオをみています。笑

この動画を見るといつもやる気がでます。
「こんなところで立ち止まってられない」と。

部活をしていたときはかなりお世話になりましたね。

動画コンテンツは視聴者をすぐにその世界に惹きこむことができる力があります。

笑いたいときにお笑い番組をみたりバラエティー番組をみたり、
サクッとYouTubeをみてほのぼのした気分になったり、
映画をみることでその世界観に浸ることもできます。

見すぎには注意が必要ですけどね。笑

 

 

Coming Soon…

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学生・ブロガー 月間PVはまだまだ低い当ブログ【Rintalog】を運営。 大学入学当初は何をしてよいかわからず、とりあえず本を読んだりしていました。 その後、人と話すときにインプットした内容がうまく話せず、インプットだけではダメだと痛感したので、アウトプットの手段として当ブログを2017年11月末に開設。 毎日ワクワクでき、自分の中の小さな幸せを実現するために日々チャレンジ中。