読書初心者は何から読めばいい?読書をはじめるなら自分の興味のあるジャンルから!

こんにちは!タリン(@rintalog)です!

 

読書をはじめてみようかな
でもどんなものから読めばいいのかわからない…

という方!

 

そういう方にオススメなのは、自分の興味のあるジャンルの本から読むことです!

 

最初は何から読んでいいのかわからないのは当然です。

これまでたくさん本を読んできた人は、もう読みたい本なんてのはすぐに見つけることができます。

そういう人はこんな記事見ませんからね。笑

 

興味のあるジャンルから入ったほうが、読書を苦だと思うことは少ないと僕は思います。

なんたってそもそも最初っから興味があるんですからね。笑

 

別にむずかしい本である必要はないんです。

本にも読む人のレベルってのがありますからね。

 

自分の興味のあるジャンル、そして自分のレベルにあった本から読み始めればいいんです。

 

こんな人におすすめ!
  • 読書をはじめてみようかなと思っている人
  • どんな本から読めばいいのかわからない人
  • 自分がどんなことに興味があるのかわからない人

 

まずは自分の興味のあるジャンルを書き出してみよう!

 

興味のあるジャンルがよくわからない…

という人はまずは紙などに興味のあることを書き出してみましょう。

 

興味のあることなんてない…

という人は好きなことなんかでもいいです。

 

少しでも、

  • 好き
  • 興味がある
  • 気になること
  • 疑問に思うこと
  • 知りたいこと

なんかを書き出せばいいんです。

 

僕だったら最近は、

ブログ、プログラミング、英語、旅、お金、将来について、就職、仕事、ビジネス、マーケティング、人の心理・感情

なんかに興味がありますね。笑

 

このとき注意してほしいのが、紙でもメモ帳でもいいので、脳以外の保存できる場所に書き出すということです。

頭の中で考えていると、ぼんやりとしてしまったり、なかなかポンポンと出てこなかったりします。

一度頭の外に出してしまうことで、アイデアや考えていることは流れるように出てくるものです。

 

頭の中だけで考えるのではなく、一度書き出してみましょう!

そうしたほうが、いろいろ出てくる可能性が高いと思いますよ。

 

興味のあるジャンルが見つかったら、調べてみよう

 

紙に書きだして、興味のあるジャンルを出せましたでしょうか?

出せた方はとりあえずAmazonなんかで調べてみましょう!

 

たとえば、「お金」とAmazonで検索すると

 

こんな感じでたくさん出てきます。

 

それで、

これよさそうだな
面白そうだな

ってのを1冊買ってみるのもいいと思います。

 

もしいきなり買うのが怖い人は、本屋さんなんかに行ってそのジャンル関連のコーナーを見てみるといいです。

大きな本屋さんなら豊富に取り揃えてあるんですけど、小さな本屋さんだとそのジャンルが全くおいていないなんてこともあります。

近くにわりと大きな本屋さんがないのなら、サクッとAmazonや楽天なんかで買ってしまったほうがいいですよ。

created by Rinker
¥1,620 (2019/07/16 08:43:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

買ったとしても1,500円程度ですからね。

もちろん本にも当たりはずれはあります。

ただ、その本から何も得られないってことはないと思うんで、株投資のように

買って大損したああ!

ってことにはなりません。笑

本を買うことで破産する人はいませんから。笑

 

まずは興味のある章だけ読もう!全部読む必要はないです

 

読書をあまりしたことのない人が陥る要因。

本は全部読まなくてはいけない

という固定観念。

 

これは僕も陥ってしまっていましたね。笑

せっかくお金をだして買ったんだからしっかり全部読まないと…

と。笑

 

実はそんな必要はないんですよね。

ただ食事を残してはいけないというもったいない精神的な感じで、読まなければならないと思わされているだけです。

勝手に自分で思っているだけなんですよ。笑

 

いきなり全部読もうとするから、読書の習慣がつかないんです。

本は全部を読み切る必要はないんです。

 

まずは、

  1. 目次を見て、自分が気になった章だけを読む
  2. その章が読み終わったら、また目次を見る
  3. それでまた興味のある章があれば読む

 

なければパラパラとてきとーに読むか、もういったん本を閉じてしまうかです。

章のタイトルだけじゃわからないこともあるんで、僕はパラパラでもいいんで読んだほうがいいとは思いますが。笑

無理して読む必要はないです。

 

無理して読書を一切しなくなるより、ちょこちょこでいいんで読むような習慣がついていたほうが、100倍良い効果がでます。

間違いないです。

 

読書方法について詳しく知りたい方は下の記事にまとめましたので、興味があれば一緒に読んでみてください。

>>読書の効果を高めるおすすめの方法!読み方を変えるとより効果的に読書をすることができます!

読書の効果を高めるおすすめの方法!読み方を変えるとより効果的に読書をすることができます!

2018.06.14

 

【まとめ】読書は興味のあるジャンルから気軽に読み始めるのがいいよ!

 

読書をするってのは、脳に新しい知識を与えたり、新しい発見や思考をさせることです。

読書のメリットはたくさんあります。

 

読書だけに限らないんですが、

番大切なのは本を読むことを継続することです。

 

月に2~3冊程度読むだけで、多くの人をぶっちぎれます。

そんくらい多くの人は読書をしていないんです。

正確には本を読むという行為を長期間継続していないということです。

 

なので、

読書をはじめよう!

と思っている人がいきなり頑張って全部読もうとして、1冊しっかり読み終わったらそれで満足して読まなくなるってのが、一番ダメなんです。

それなら、少しだけ本を読むという習慣が何か月か続いたほうが絶対良いです。

 

継続は力なりなんです。本当に。

 

なので、まずは興味のあるジャンル、少しでも気になったり、好きなことを中心に本を読みはじめてください。

読書はプラスになることはあっても、マイナスになることはないです。

それだけ大きなパワーを秘めています。

 

そして継続してみてください。

継続することでみえてくる景色は絶対ありますよ!

 

まずは1冊。

いえ1章だけからでもはじめてみましょう!

 

ではまた!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学生・ブロガー 月間PVはまだまだ低い当ブログ【Rintalog】を運営。 大学入学当初は何をしてよいかわからず、とりあえず本を読んだりしていました。 その後、人と話すときにインプットした内容がうまく話せず、インプットだけではダメだと痛感したので、アウトプットの手段として当ブログを2017年11月末に開設。 毎日ワクワクでき、自分の中の小さな幸せを実現するために日々チャレンジ中。