【Netflix】映画「ザ・コンサルタント」を見てみての感想やあらすじ!

こんにちわん。タリンです。

今日は時間があったの久しぶりに映画を一本観ました。

タイトルにもあるのですが、その映画とは

「ザ・コンサルタント」

です!

まあたぶん知ってる人はあまりいないのではないかなと思います。

Netflixでたまたまオススメに出てきたので、たぶんあんまり有名じゃないのかな?って勝手に思ってます。(笑)

ではせっかく見たんでレビューしていきますね。

 

あらすじ

「田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフにある日、大企業からの財務調査の依頼が舞い込む。

調査をしたウルフは重大な不正を見つけるが、その依頼は何故か突然一方的に打ち切られてしまい、さらにその日から、ウルフは何者かに命を狙われるようになる。

実はウルフには、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切り、年収10億円を稼ぎ出す命中率100%のスナイパーという、もう一つの顔があったのだ。」-引用元 Wikipedia

まあこれだけ見たら「とりあえずアクション映画かな?」って思いますよね。

僕もそのつもりで見たんです。

しかし、見てみたらびっくり仰天。

そんな単純な話じゃありませんでした。

いろいろな意味で。

 

主人公について

↓↓ここからは少しネタバレを含みます↓↓

 

 

 

 

 

最初のほうはあらすじ通りなんですよ。ほんとに。

アクションシーンは特にないですが、あらすじ通りに話は進みます。

主人公の表の顔は会計士。

裏の顔は凄腕スナイパー。

みたいな設定で合ってるのですが、他にも主人公は大きな特徴を持っています。

それは、

「高機能自閉症」

ということです。

他人とコミュニケーションがうまくいかず、同じ行為を繰り返す様がこの映画では表されていました。

僕にはある決まった規則、ルーティーンのように感じました。

普段はドライというか冷静沈着そのままなのですが、

そのルーティーンを崩されたり何か外的刺激を受けると、非常に取り乱していました。

映画見てもらえばわかるのですが、主人公の戦闘技術は恐ろしく高いです。

なぜか。

それは、お父さんが軍人だったからです。

自閉症の主人公がこれからひとりで生きていけるようにと、

とても高度なスキルを教育していったという、お父さんの想いがありました。

主人公には弟がいるのですが、一緒にスパルタ教育を受けていました。(笑)

僕だったら余裕で逃げ出しますね。ええ。

 

個人的な評価

僕の個人的な感想というか、評価としては5段階評価では

ズバリ!

3.7くらいですかね(笑)

この映画はですねー。非常に好き嫌いが分かれる映画だと思います。(笑)

僕は最初はアクション映画だと期待してみたのですが、それがこの評価につながったんだと思います。(笑)

アクションシーンはもちろんありますし、迫力もありました。

ですが、なんか違うんですよ。

戦闘シーンはカッコいいですが、なんか淡白というか。

淡々と進みすぎな感じがありましたね。

むしろ自閉症を扱った映画というのが、この映画のメインな気もしました。

僕の意識として自閉症をもう少し意識してみたら、また違った評価になったと思います。

自閉症を扱った映画としての視点でみたら、この映画はかなり良い映画だったと思います!

「自閉症と名付けてはいるが、人とは少し違うだけ。」

「人は異質を嫌う。排除したがる。」

こんなことを言っていたと思います。

これはとても共感できましたし、この映画の伝えたいメッセージなのかなと勝手に解釈しました。(笑)

 

 

この映画はほんとに人によって好み、評価がわかれる映画だと思います。

逆に、

アクションとしての視点。

自閉症を扱った映画という視点。

この二つの視点を持って映画を見ると面白いかもしれません!

 

ではまた!

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学生・ブロガー 月間PVはまだまだ低い当ブログ【Rintalog】を運営。 大学入学当初は何をしてよいかわからず、とりあえず本を読んだりしていました。 その後、人と話すときにインプットした内容がうまく話せず、インプットだけではダメだと痛感したので、アウトプットの手段として当ブログを2017年11月末に開設。 毎日ワクワクでき、自分の中の小さな幸せを実現するために日々チャレンジ中。