ハムスターが頬が腫れてしまい、たべづらそうな時にあげた食事

先日、ぼくの飼っているハムスターの頬が腫れてしまいました。

ハムスターの頬が腫れてしまいました…

2018.04.19

 

動物病院に行き検査を受けましたが、とくに異常はありませんでした。

ですが頬が腫れてしまっていてたべづらそうなので、与える食事を少し変えてみました。

 

与えた食事の内容

 

いつもは固い固形のペレットとキャベツやにんじんなどの野菜、動物性たんぱく質であるチーズなどを主にあげていました。

なので比較的やわらかいものを中心にしてみたんですよね。

 

ササミ(生)

 

これ結構ネットなんかだと意見がわかられるんですけど、ぼくのハムスターは生でもかなり食いつきがいいので、わりとふだんからあげています。

生のほうがやわらかいし水分もあり食べやすいのではと思いあげてみたところがっつり食べてくれました…!

ここ数日、エサをほとんど食べてくれていなかったので久しぶりちゃんとご飯を食べているところを見れました。

よかったです…。

 

ゆでたニンジン

 

いつもはニンジンをそのままカットしてあげているんですけど、食べやすいようにゆでてあげてみました。

野菜などはゆでてあげたほうがやわらかくなって食べやすくなるので、ハムスターも喜ぶと思いますよ。

 

ゆでると栄養がなくなってしまうのではないかという心配もありますが、食べないよりは全然良いと思います。

ニンジン以外の野菜も次はあげてみます。

 

ゆでたまご(白身)

 

ゆでたまごといってもあげていいのは白身の部分だけです。

これ実はかなり注意してほしいのですが、たまごの黄身の部分をあげるとハムスターは死んでしまいます。

 

なので絶対に黄身の部分はあげないでください。

あげるときも黄身がついていないかしっかり確認してからあげましょう。

洗ってからあげるのがいいと思います。

 

チーズ

 

いつもシュレッドチーズをあげているのですが、これはそこまで硬いものではないので引き続きあげてみました。

食べにくそうでしたがちょこちょこ食べてくれたのでこれはあげ続けていきたいと思います。

 

動物性たんぱく質をあげないのは栄養バランス的にもすこしこわいですからね。

ゆで卵の白身・豆腐・チーズなどをあげていきましょう。

 

温度管理には気を付けてください

 

ハムスターは温度の変化に弱い動物です。

冬や夏などはとくに注意してください。

 

体温が適温になっていないと体力をどんどん奪われてしまい、死んでしまうリスクがさらに高くなってしまいます。

 

人間が少し寒いなと思ったらハムスターにとってはかなり寒いです。

人間が暑いなと思ったときもハムスターはかなり暑がっています。

 

冬場は小動物用のヒーターとエアコンの暖房、夏場はクーラーなどで温度管理を徹底してください。

 

【与えた食事】まとめ

 

今回は頬が腫れてしまっていつもの食事だとかなり食べづらそうでした。

硬いものはNGです。

なるべくやわらかいものを中心にあげてください。

 

ペレットなどを普段からあげているひとは、お湯をつかいふやかすなどをしてからあげるようにしたほうが食べやすいはずです。

野菜などもゆでてやわらかくしたほうが食べやすくなります。

 

ハムスターにとってベストな環境を心がけてあげてください!

 

はやく元気になってほしいなぁ…。

 

ではまた!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学生・ブロガー 月間PVはまだまだ低い当ブログ【Rintalog】を運営。 大学入学当初は何をしてよいかわからず、とりあえず本を読んだりしていました。 その後、人と話すときにインプットした内容がうまく話せず、インプットだけではダメだと痛感したので、アウトプットの手段として当ブログを2017年11月末に開設。 毎日ワクワクでき、自分の中の小さな幸せを実現するために日々チャレンジ中。