人生なんてゲームと同じ

こんにちは!タリン(@rintalog)です!

 

人生っていろんなことが起こりますよね。

 

人と仲良くなったり、人と別れたり。

楽しいことがあったり、悲しいことがあったり。

 

いろんな人生のストーリーがあると思います。

 

人生はゲームと同じ

僕が困難なこと、つらいことなどに直面した時にいつも考えていることがあります。

それは、

人生なんてゲームと同じだ

ということです。

 

ゲームって主人公とかは最初なにもできない弱い存在ですよね。

それから強い敵とかと戦っていって強くなっていく。

仲間を増やしたり、スキルを強化したり。

ゲームの王道ですね。

 

これって人生と似てませんか?

僕はゲームと人生、すごく似ていると思います。

 

困難なこと、大変なことがあったとき、

「自分には無理だ」

「そんなのできっこない」

と思いますよね。

そう思ったほうが楽ですから。

でもそこで諦めるのは早いです。

 

ゲームでも強キャラとかボスってめちゃくちゃ強いじゃないですか。

でも何回も戦ってだんだんと攻略方法がみえてくる。

何回もやってやっと勝てた!

なんてことありませんか?

 

それと同じことなんです。

そんなに重く考える必要はないです。

ただちょっと強い敵が現れただけです。

攻略方法はあるはずです。

 

そうやって考えると人生楽しむことができると思いますよ。

 

楽観主義でいよう

僕は基本的にネガティブなことはあまり考えないようにしてます。

それはなぜか?

 

そんなの考えても仕方がないからです。

むしろネガティブな思考のほうが、できることもできなくなります。

 

常にこれは自分にもできるというポジティブな気持ち、思考でいるとすごく楽ですよ。

ネガティブネガティブネガティブの繰り返しだと、なんだかものすごく人生辛く感じてきてしまうので。

 

実際に楽観主義と悲観主義だと、楽観主義のほうが勝率なんかも高くなる確率が高いというデータもあるそうです。

 

そんなに悲観することはありません。

楽観主義でいきましょう!

 

自分の死について考える

あんまり死について考える機会ってないじゃないですか。

死=ネガティブ的なイメージがありますし。

 

でも僕は死について普段から考えて、向き合っておくと重要な決断なんかも楽にできるようになると思います。

難しい決断をするときなんかは、

「もし明日死ぬとして、後悔しないのはどちらだろう」

と考えたりすると、結構すんなり決断できたりするもんです。

 

「明日自分がもし死ぬとしたら、後悔しないだろうか」

ということを常に考えるのは良い明確な基準になるのではないでしょうか。

 

まとめ

人生生きていれば必ず、

つらいとき

かなしいとき

大変なとき

になる局面があると思います。

僕も何回もあります。

 

そんな時には、

人生なんてゲームと同じ

もし明日死ぬとしたら

ということを思い出してほしいです。

 

冷静に考えてみると、

「あれ、なんでこんなことで悩んでるんだろ?」

っていう気持ちになったりしますから。笑

 

せっかく生きてるんですから、楽しみましょう。笑

 

ではまた!

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学生・ブロガー 月間PVはまだまだ低い当ブログ【Rintalog】を運営。 大学入学当初は何をしてよいかわからず、とりあえず本を読んだりしていました。 その後、人と話すときにインプットした内容がうまく話せず、インプットだけではダメだと痛感したので、アウトプットの手段として当ブログを2017年11月末に開設。 毎日ワクワクでき、自分の中の小さな幸せを実現するために日々チャレンジ中。