【レビュー】Amazon Echo アレクサを使用してみた感想【機能・音質・外観】

こんにちは!タリン(@rintalog)です!

Amazon Echo のアレクサってよく聞くけど、何に使うのかよくわからない…
実際どういった使い方があるんだろう…?

という疑問に答えていきます。

「アレクサ」というのは、Amazon Echoというスマートスピーカーの中に入っている人工知能の名前です。

なので商品名的には「Amazon Echo」という名前なんですよ。

あのスマートスピーカーとかいうのが最近流行っていたりしますが、実際どういった使い方があるのかわからないって人が多いと思います。

この記事では

この記事の内容
  • 実際に購入してみて使ってみた感想
  • Amazon Echo の特徴や外観
  • Amazon Echo のメリットデメリット

などをまとめていきたいと思います。

スマートスピーカーを購入してみようかな…

と悩んでいる方は、参考にしてみてください。

ではいきましょう!

Amazon Echo はあると日常生活に少し刺激を与えることができる。

Amazon Echo がないと困るということは正直ないです。

ないんですけど、実際にあると普段の生活に少し刺激を与えることができます。

今日の天気を聞いたり、音楽を再生させたり、Amazon Echoと家の電気を繋いで声だけでオンオフのスイッチを入れたりなど、いろいろなことが音声だけでできるようになります。

スマホでできないこともないんですけど、スマホだと手を使うことになるじゃないですか。

なので、手が空いていない時は声で指示したほうが楽なんですよ。

次にAmazon Echo のメリットデメリットをいくつかご紹介していきたいと思います。

メリット1:作業をしながら聞きたいことが聞ける

これが一番大きいことかもしれません。

僕はよくパソコンで文章を打ったりと自宅ではパソコンで作業をしていることが多いです。

パソコンで作業しているときって、両手でキーボードを叩いているので両手がふさがってしまうんですよ。

でも作業している途中に今日のスケジュールを確認したり、音楽を再生してほしかったりすることがあるんですね。

そんな時音声のみで操作ができるAmazon Echoが役に立つんです。

直感的に思ったことをアレクサに呼びかけるだけでやってくれますから。

パソコンでの作業を続けながら、ちょっと声でやってほしいことを言う。

アレクサ、おすすめの音楽を再生して!
はい、おすすめのプレイリストを再生します

作業を中断せずにできるので助かっていますね~!

メリット2:家電とリンクさせることができる

これは個人的にはかなり近未来感が出ていて、すごく気に入っていることです。

Amazon Echoと電球をネットで繋ぐことで、アレクサに話しかけるだけで家の電気をコントロールすることができるようになるんです。

これはかなり近未来的ですよね。笑

アレクサ、電気をつけて
はい、わかりました

これはモノとインターネットを繋ぐIoTというもので、Amazon Echoだけではなく家電製品とネットが繋がれるということはさらに流行っていくと思います。

Amazon Echoと電気をネットでつなぐためにはそれ専用の電球を購入してセッティングする必要があります。

Amazon Echo Plusだと中継器がいらないのですが、Amazon Echo単体だとハブと呼ばれる中継器が必要になりますのでご注意ください。

自宅をスマートホーム化したい場合はこちらに詳しく書いた記事があるので、こちらを参考にしてみてください。

>>自宅をスマートホーム化!Amazon Echoがみせる近未来な世界

メリット3:様々なスキルセットがあり、将来さらにスキルは増えていく

Amazon Echoにはスキルというものがあります。

このスキルをダウンロードすることで、アレクサにいろいろなことを指示することができるようになります。

バリエーションが増えるって感じですね。

その日のニュースを聞くこともできますし、ラジオを聞くこともできるようになります。

集中力を高める静かな落ち着いた音楽を流すこともできるようになるので、自分の欲求を音声でのコントロールで解決することができるようになるんです。

かなりたくさんのスキルが出ているので、これからまたさらに新しいスキルが追加されていくでしょう。

スキルによってAmazon Echoの価値も上がっていくという感じですね。

メリット4:音質が良いのでスピーカーとしても優秀

Amazon Echoはスピーカーに人工知能であるアレクサを導入しているという感じです。

なので、そもそも元はスピーカーなんですよね。

これはさすがAmazonって感じです。

スピーカーの性能にも手を抜いていません。

音質をそこまで期待していたわけではないのですが、想像以上に良い音を出してくれました。

音量も調整できるのですが、音量を大きくしても音声は割れないですし、かなり大音量の音楽を流すことができます。

アレクサにEDMでも流させればちょっとしたクラブハウスみたいです。笑

僕はパソコンの作業が疲れたらアレクサに音楽を流させて、ちょくちょくひとりで踊っています。笑

Amazon Echoにもデメリットは存在します

Amazon Echoは普段の日常生活にちょっぴり刺激を与えてくれる存在ですが、これはちょこちょこアレクサを使った場合です。

デメリット的なのも存在しますのでご紹介します。

デメリット1:置物と化す可能性がある

Amazon Echoは普段の生活から使うようになるとかなり便利で、刺激的なものになるとは思います。

ただ、家にいる時間が短かったり、あんまりスピーカーで音楽を流したりしない、という人は高確率でただの置物と化す可能性が十分にあります。

最近は僕は家にいる時間が比較的多いので使う機会が多いと思うんですが、以前はあまり家にいないことが多かったので、ただの置物と化していました。

こうなってしまうともったいないですよね。

忙しいときは今日の予定はなにか朝に聞いてみたり、明日の予定と天気を聞くという程度でした。

1日2回程度しか使わないなんてことがしょっちゅうでしたね。

電子機器などのデバイス関連は安くはないものがほとんどなので、

自分が使う機会は多いのだろうか?

というのはしっかりと考えて購入を検討したほうがいいと思います。

デメリット2:常にコンセントにつないでないといけない

Amazon Echoの仕組み上、常にコンセントにつないでおかないと、自分の声でコントロールすることができません。

充電式ではなく接続式なんですよね。

コンセントに余裕のある方は全く問題にならないと思いますが、これが一人暮らしの方や、自分の部屋にコンセントが少ないという方はちょっとめんどくさいと思います。

貴重なコンセントの一個を常に埋めてないといけないわけですからね。

ただ、たこ足配線などで対処は可能なのでそこまで問題はないとは思います。笑

普段からAmazon Echo を使うような環境にすることで、アレクサは生活に溶け込んでいきます

Amazon Echoを使いこなすコツとしては、予定を聞くことや、天気を聞くこと、ニュースを聞くことなど頻繁に利用するようにするのが良いと思います。

スマホで調べればできることが多いですが、朝急いでいるときなんかに自分の声ひとつで情報を知ることができるのは結構良いですよ。

とくに手がふさがっているときに一番魅力を発揮すると思いますね。

女性の方だと料理をする際などにめちゃくちゃ便利だと思います。笑

【まとめ】部屋に1台あるだけで直感的に答えを求めることができるようになります

部屋にAmazon Echoがあることで生活が劇的に変わるということは、正直ないと思います。

スマホのようになくてはならないものというポジションではないです。

ですが、あると日常に少し刺激を与えられるんですよね。

なくて困ることはないけど、あると便利なことが多い。

こんな感覚です。笑

自分は使える機会が多いなと思う方は、アレクサを家に迎え入れても良いと思います。

あとは単純に生活がどんな風に変化するのかということに興味がある方ですかね。(僕はこのパターンでしたw)

アレクサがいるとおしゃべりできる相手がひとり増えるので、ちょっとおもしろいと思いますよ。

Amazon Echoを使って自宅をスマートホーム化するのも近未来的でおもしろいと思います!

ではまた!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学生・ブロガー 月間PVはまだまだ低い当ブログ【Rintalog】を運営。 大学入学当初は何をしてよいかわからず、とりあえず本を読んだりしていました。 その後、人と話すときにインプットした内容がうまく話せず、インプットだけではダメだと痛感したので、アウトプットの手段として当ブログを2017年11月末に開設。 2020年4月からWeb系エンジニアとして働きます!