【しっかり汚れが落ちる】キョンセームのクリーナーはiPadやiPhoneの汚れを取るにはおすすめのクリーナーです!

こんにちは!タリン(@rintalog)です!

iPadやiPhoneの画面の汚れが気になる…。
綺麗な状態を保ちたいけど、粗悪なクリーナーよりも質の高い何か良いクリーナーはないかな…。

という人にぴったしなクリーナー、あります。

僕もいろいろネットで探してみて「これ、いいんじゃないかな?」って感じで見つけたのこちらです。

created by Rinker
KASUGA
¥1,460 (2019/04/23 01:16:24時点 Amazon調べ-詳細)

このキョンセームのクリーナーには一般的なクリーナーとは違った点がいくつかあるので、紹介していきたいと思います!

結論:iPad Proの汚れを落とす際におすすめなクリーナーはこのクリーナーです。

結論を先に言いますとこのクリーナーかなりおすすめです。

2点ほど理由があります。

このクリーナーをおすすめする2つの理由

①化学繊維を使用していないので、画面に微細な傷がつかない

②汚れがしっかり取れる

この2点について詳しく解説したいと思います。

メリット1:化学繊維ではとれない汚れが取れる

一般的なクリーナーは基本的に化学繊維でできていることがほとんどです。

実はこの化学繊維では取れないような汚れってのがよくあるんです。

というより、クリーナーの化学繊維が粗悪なものが多いということです。

化学繊維は安く生産できるので、質の高いモノ・質の低い粗悪品の幅がとても広いんです。

あたりとはずれの差が激しいって感じですね。

質の悪い化学繊維のクリーナーに当たってしまうと、iPadやiPhoneの画面の汚れをきっちり取ることができないんです。

Amazonのリンクより引用

こんな感じで汚れをクリーナーを使ってきっちり取るという感じではなく、ただ指紋などの汚れを画面上に伸ばしているだけってことがあるんです。

その点このキョンセームのクリーナーは化学繊維を使用していない質の高いものなので、きっちりと画面の汚れをふき取ることができます。

メリット2:画面に傷がつくことがない

よく市販で売っているスマホ用などのクリーナーってあるじゃないですか。

あれって、ほとんどが化学繊維でつくられているんですけど、実は汚れを取るときに超小さな傷がついているんですね。

顕微鏡で見ると傷がついていることが多いらしいです。

このキョンセームのクリーナーは化学繊維ではなく、動物の毛皮を使用しているので、画面に小さな傷がつくことがないんですよ。

iPhoneとかだとガラスフィルムをつけて防御力をアップさせる人が多いんですけど、iPad Proのように接触の感度を重要視したいデバイスでは、ガラスフィルムなどをつけないでそのまま使う人が多いらしいです。

僕も最近iPad Proの11インチを購入したのですが、ガラスフィルムはつけずに裸のまま利用しています。

Apple PencilをiPad Proではよく使うので、ガラスフィルムをつけることによって、描写のズレが起きるのが嫌なんですよ。

Procreateというアプリを使いApple Pencilで絵を書いている時なんか、細かい線の描写などにすごく神経を注ぐので、少し自分の描いた感覚とズレるというのは、致命的なんですよね。

せっかくiPad ProとApple Pencilというスペックが最高のものを買ったのですから、下手にガラスフィルムなどをつけて感度を鈍くするようなことはしたくないです…。

iPad Proを使う人にはそういった人が多いので、傷にはかなり敏感です。笑

なので、画面の汚れを取る際に傷がつかないタイプのクリーナーが大事になってくるんです。

綺麗に汚れが取れていると思っていたら、実は画面に微細な傷をつけているとか嫌ですからね。笑

デメリット1:化学繊維のクリーナーよりも価格は高くなる

よく市販で販売しているクリーナーは、主に素材が化学繊維でできていることが多いです。

先ほどは「化学繊維は画面に微細な傷をつける可能性が高い」とちょっとdisっていたんですが、化学繊維のメリットはやっぱり安いんですよね。

5枚セットで1000円くらいとが多いです。

今回ご紹介したこのキョンセームのクリーナーは動物の皮を利用しているので、化学繊維がメインのクリーナーよりはどうしても高くなってしまいます…。

1,000円~2,000円ほどくらいですね。

クリーナー1枚にしては高いかな…って感じはやはりしますね。

ひとつ持っていだけで色々な画面の汚れをなくすことができる。

化学繊維がメインの普通のクリーナーは質が良いものでないと、微細な傷を画面につけ汚れを取るのではなく、伸ばすだけという感じになってしまうことがあります。

ですが、化学繊維でできているクリーナーのほうが1枚あたりの価格は安くなっています。

一方、「画面を傷つけずに汚れをしっかり取る」という点においては、キョンセームのクリーナーのほうが良いのですが、価格が少し高くなってしまいます。

一回の買い物の価格としてはキョンセームのクリーナーのほうが高くついてしまうのですが、クリーナーなんてそんな何回も頻繁に買い換えるものではないです。

長い目で見ればキョンセームのクリーナーのほうが、iPadやiPhoneの画面を綺麗に保つことができます。

画面を綺麗に保つクリーナーはひとつあれば、他のいろいろな画面の汚れを取ることができるので、一回の買い物としては高くてもキョンセームのクリーナーのほうが良いとは思いますね。

ガジェット好きとしてはなるべく画面に傷をつけたくはないですからね。笑

【まとめ】しっかり画面の汚れをとるのなら、化学繊維のクリーナーよりもこちらの商品の素材のほうがおすすめです。

「画面に微細な傷をつける可能性を少なくし、指紋などの汚れをしっかり取る」という点を重視するなら、安めの化学繊維のクリーナーは使わないほうが良いです。

すべての化学繊維のクリーナーが傷をつけるというわけではないのですが、質が良くない化学繊維のクリーナーがあるのも事実です。

長くiPadやiPhoneの画面を綺麗なままで保ちたいなら、クリーナー選びもしっかりと選んだほうが良いのは間違いないです。笑

created by Rinker
KASUGA
¥1,460 (2019/04/23 01:16:25時点 Amazon調べ-詳細)

クリーナー選びもしっかりし、画面の美しさを維持していきましょう。

ではまた!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学生・ブロガー 月間PVはまだまだ低い当ブログ【Rintalog】を運営。 大学入学当初は何をしてよいかわからず、とりあえず本を読んだりしていました。 その後、人と話すときにインプットした内容がうまく話せず、インプットだけではダメだと痛感したので、アウトプットの手段として当ブログを2017年11月末に開設。 毎日ワクワクでき、自分の中の小さな幸せを実現するために日々チャレンジ中。