【レビュー】BOSE QC30 ノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンが神製品すぎ。実際に使ってみての感想

こんにちは!タリン(@rintalog)です!

会社の仕事をしたり学校の課題をしたいけど、周りがうるさくて集中できない…。
何か性能の高くて良い感じのノイズキャンセリングイヤホンはないのかな…。

そんなあなたに最高のノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンをご紹介します。

それは

Bose QuietControl 30 wireless headphonesです。

これがいかに最高な製品なのか、実際に使ってみたので正直に思ったことをすべて晒しながらレビューしたいと思います。

Boseノイズキャンセリングワイヤレスイヤホン「QuietControl 30 wireless headphones」とは?

 

Boseノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンの良かった点

①ノイズキャンセリング機能が圧倒的過ぎる

もうこのBoseのノイズキャンセリングの機能が、他の悪い点とか良い点とかすべて吹き飛ばすような勢いで、圧倒的にすごいんですよ。

圧倒的にです。

外の雑音をすべてシャットアウトしてくれて、目の前にあることだけに集中できるような感覚になることができます。

ここでのポイントは雑音がなくなるということで、外の音がすべて聞こえなくなるというわけではないんです。

電車が走っているときの列車の音や、人が雑談しているときの声や、テレビなどの音を消してくれる・薄めてくれるような感じです。
音はあるんですけど、音の中身が空っぽのような感じなんですよね。笑

このノイズキャンセリングという技術で一番良いなと思ったのが『Bose QuietControl 30 wireless headphones』でした。

新宿のビックカメラで他の有名なノイズキャンセリングイヤホンは一通り試聴したんですけど、かなり圧倒的な感じがしたのを覚えています。
水の中に頭ごと浸かってまわりの音がふっと消える感覚にも近いかと思います。

ノイズキャンセリングにおいて「Boseの右に出るものはいない」といっても過言ではないです。

3万円でこの環境をいつでも再現可能というのが恐ろしいです。
1年間利用すると想定したら、ひと月約2,500円で利用可能ですからね。

3万円以上の価値が確実にありますよ。

②ノイズキャンセリングの度合いを調節できる

ノイズキャンセリングって一回スイッチを入れたら終わりだと思われがちです。

ノイズキャンセリングをして静かな環境を手に入れたいけど、ノイズキャンセリングが効きすぎてまわりの音が全然聞こえなくなるのもちょっとなあ…。
ノイズキャンセリングの度合いを調節できたらいいのに…。

そんな悩みにも対応してくれるのが、このBOSEのノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンなんです。

こちらの製品はノイズキャンセリングの度合いを、ボリュームを調節するような感覚で調節できるんです。

 

これはアプリで調節することができます。

このノイズキャンセリングを調節できる機能があるために、街で歩いているときは周囲の音が聞こえないと危ないので、ノイズキャンセリングをあまり使わずに、電車に乗ったらノイズキャンセリングをMAXまでするってことができるんです。

この調節機能があるおかげで、イヤホン一つだけで自分の耳まわりの環境を、いつでも好きな環境に変えることができるんですよ。

この調節機能があるノイズキャンセリングイヤホンはあまりないので、BOSEのノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンの強みでもありますね。

☟アプリはこちら

Bose Connect

Bose Connect

Bose Corporation無料posted withアプリーチ

 

③耳にしっかりフィットする

カナル型のイヤホンとかだと、耳にギュッと詰め込むだけって感じなんですけど、BOSEのノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンは耳の中のところ?に引っ掛けるタイプなので、装着感やフィット感は強いですす。

これは人によって変わると思うのですが、僕はカナル型のイヤホンよりもすきですね。

④ネックバンド意外と気にならない

ネックバンドがあるワイヤレスイヤホンって珍しいですよね。
かなり特徴的なデザインをしています。

僕はBOSEのノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンを完全に機能面とデザイン面のみで購入を決意したんで、あんまりネックバンドのことは気にしていませんでした。

ネックバンド付きのイヤホンってはじめて使ってみたんですが、意外と気にならないんですよね。
首にかけるような感じなんですが、使っているとつけている感覚はなくなります。

見た目的には一瞬何をつけてるんだ?ってなりがちですが。笑
オリジナリティが強いので、それはそれで良いと思いますよ。

あとはイヤホンを耳から外したとき、ネックバンドがあるのでそのまま首にかけてられるってのはかなり良いです。

イヤホンで音楽を聴いてても、イヤホンをいったん外して少し人と話さないといけない場面とかあると思うんですよね。

BOSEのノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンは首にイヤホンをかけていられるので、人の話をするときはパッと外し、話がおわればサッとすぐに集中することができるようになります。

イヤホンをつけていると、人の話が聞きにくいですし失礼だと感じる人もいますから。笑

完全独立型のイヤホンだといちいち机の上などに置いたり、しまったりしないといけないのでそうはいきません。

Boseノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンの悪かった点

①電源が入れにくい、ちょっと強く押さないとだめ

BOSEのノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンはネックバンドの部分にボタンがひとつだけ存在しています。

電源ボタンです。

このボタンを押すことで電源が入り、自動的にBluetoothもオンになるのですが、この電源ボタンがわりとかためにつくらているんですね。

ギュっと爪で押すようにしないと、電源が入らないのです。笑

これはもう少し簡単に電源が入るようになっていれば、なお良かったのですがしかたないですね。

でも何回か使っていればすぐに慣れるので問題ないです。

②充電の差込口の角度が入れにくい

ネックバンドのところにキャップを外すと充電の差込口があるんですね。

この充電の差込口の角度がちょっと斜めになっているような感じなので、少し電源コードを挿すのがめんどくさく感じるときがあります。

僕だけなのかもしれませんが、ちょっと角度が入れにくいと思うんですよ。笑

iPhoneの充電みたいに簡単にさせるとなお良かったかなって思います。

③たまにネックバンドうざい、冬とかひんやりしてる、夏は汗つく

ネックバンドは意外と気にならないと先ほど言いました。
なんですけども、気になる瞬間ってのがやっぱありまして。笑

それが外の気温が寒いときと暑いときです。

外の気温が寒い冬なんかだと、ネックバンドがひんやりしているんです。
なので、ネックバンドが肌に触れたとき「ひやっ」となるときがありますので、注意しないといけません。

あと外の気温が暑いときって汗がでるじゃないですか。
汗って垂れていきますので、ネックバンドをつけているとネックバンドに汗がついてしまうんですよ。

これ結構嫌でしたね。

なんで、夏なんかはBOSEのノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンは室内でしか使っていません。

まあ僕の使う方法がカフェなんかに行き、周囲がうるさいなか集中したいって時が多かったのでそんなに気にはならなかったんですけどね。笑

④収納ケースのサイズが大きい

BOSEのノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンってネックバンドがついているので、どうしても収納ケースのサイズが大きくなっちゃうんですよね。

なんで、収納ケースも昔のCDプレイヤーみたいな感じです。

ファッションのスタイルとか、バックの大きさとかによっては持ったり入れたりするのができないって時があると思います。

僕は結構バックとか荷物を持たずに、スマホとカギとかだけ持って手ぶらで行くのが好きなんですが、このイヤホンはポケットに入らないんですよ。笑

そういう荷物をなくして手ぶらでどこかに行くってときには、このBOSEのノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンのサイズ感は微妙だと思いましたね。

よりコンパクトなAirPodsなどが適していると思います。

>>AirPodsを使ってみてのレビュー

【まとめ】環境を変えるのは10秒もあれば十分です

仕事や課題をやるときってまわりがうるさいという環境よりも、静かな環境のほうが集中しやすいですよね。

人の会話がずっと聞こえている中で僕は集中とか全然できないです。

でも仕事や課題の締め切りはせまっている。

そんなときこのBOSEのノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンは、10秒程度の時間で一瞬にして静寂な環境へと導いてくれます。

「音楽を聴く」という用途だけでは、このBOSEのイヤホンの価格はかなり高く感じるでしょう。

ですが、環境をつくるという視点で考えてみると、BOSEのノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンの価格はそこまで高く感じることはないと思います。

このBOSEのノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンを勧めたいの人というのは、うるさい環境でも自分にはやるべきこと・やりたいことがあり集中できる環境を欲している人です。

そういった人に、このBOSEのノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンが届いてくれればいいなと思います。

それでも高い買い物になるのには変わりはないので、一度家電量販店などで試聴してみることを強くおすすめします。

一度体験してみることで、即決したくなるかもしれませんし、無駄な買い物にならずに済むかもしれませんので。

一度は体験してみるといいと思いますよ!

ではまた!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学生・ブロガー 月間PVはまだまだ低い当ブログ【Rintalog】を運営。 大学入学当初は何をしてよいかわからず、とりあえず本を読んだりしていました。 その後、人と話すときにインプットした内容がうまく話せず、インプットだけではダメだと痛感したので、アウトプットの手段として当ブログを2017年11月末に開設。 2020年4月からWeb系エンジニアとして働きます!